デジタルカタログ産業について


デジタルカタログ産業について

デジタルカタログ産業は、デジタルカタログの需要が高まり始めた頃には、カタログ制作代行などの分野において、収益が上がりましたが、
需要が拡大するにつれて、フリーソフトなどがたくさん出てきたために、より低コストでデジタルカタログの制作をすることが可能になってきました。
そうすると、たくさん増えたデジタルカタログ制作代行業者は、より美しいデザイン性や、より便利な機能性をもったカタログを作ることや、
追加可能な便利な機能を追加オプションとして、フリーソフトなどとの差別化を図り、収益を得るなどの方法により、生き残りを目指している状態です。
Web産業においては、新しいものが出て、需要が増え、広がりを見せると、収益が下がりといった現象が頻繁に見られます。

このような現状を乗り越えていくためには、社会のニーズに沿った、新しい方法をいち早く開発し、需要が高まれば、
次の戦略を検討するといったように、一歩でも早く動いていくしかないのかもしれません。
どの分野においても同様のことが求められるのでしょうが、ニーズの見極めや、素早い対応などが一番必要なのは、Web産業なのではないでしょうか。
今後のデジタル産業界が、どのように変化していくのか、注目していきたいと思います。


▲ デジタルカタログ産業について TOP

デジタルカタログ 料金 制作代行 メリット デメリット 作り方 IPAD FLASH マーケティング 産業

Copyright (C) 2012 デジタルカタログ All Rights Reserved.