デジタルカタログ メリット


デジタルカタログ メリット

デジタルカタログのメリットには、さまざまなものが考えられますが、一番のメリットは、カタログ制作から、カタログがお客様に届くまでのコストが、従来からある印刷された紙のカタログに比べて、安く済むということではないでしょうか。
デジタルカタログ制作にかかる費用は、デザインや仕様などによりますし、自作するのか業者に制作依頼するかなどにより、かなり違ってきますが、紙のカタログと比べると、印刷する必要がないために、紙や印刷にかかる料金が発生しませんので、安価で制作できます。
納期も、印刷の工程が必要ありませんので、短くすみます。
先に印刷物のカタログのデータがある場合は、デザインなどの必要がなく、より低コストかつ短納期で、デジタルカタログを作成することができます。
さらに、データの再利用も容易に行えますので、便利です。
また、カタログの郵送料も必要ありませんので、従来のカタログよりは、かなりの経費節減になるでしょう。
劣化もしませんし、ゴミも減らすことができるなど、従来の印刷物カタログと比べると、さまざまなメリットがあります。
デジタルカタログを利用する側から見ても、カタログを見て、簡単に購入ページに移動できますので、お手軽に利用できます。
ページめくりや、拡大、虫眼鏡、付箋などの便利な機能がついているものも、たくさんありますので、印刷物のカタログと同様に、簡単に詳しくカタログを見ることができます。


▲ デジタルカタログ メリット TOP

デジタルカタログ 料金 制作代行 メリット デメリット 作り方 IPAD FLASH マーケティング 産業

Copyright (C) 2012 デジタルカタログ All Rights Reserved.