デジタルカタログ デメリット


デジタルカタログ デメリット

近年のインターネットの普及は、広がり、スピードともに、著しいものがありますが、このような社会の中でも、インターネットを利用しない人や、
苦手意識を持ち続けている人もたくさん存在します。パソコンや携帯電話を利用していない人には、デジタルカタログは、見ることができません。
それが、デジタルカタログの最大のデメリットと言えるでしょう。

「最近はなんでもインターネットになってしまって…」と嘆いている高齢者の方や、ネット環境が悪く、ページの表示等に
時間がかかってしまう方などにとっては、従来の印刷物のカタログの方が、手軽に感じることでしょう。
ノートパソコンや、携帯電話、タブレットなどの普及により、どこでも手軽にデジタルカタログを見ることができるのが特徴である反面、
それらの機器が使えない場所では見ることができないという欠点もあります。

ほかにも、従来の印刷物のカタログでは、紙の質にこだわって、高級感や美しさを、視覚からだけではなく手触りなどから、演出することも可能ですが、
デジタルカタログは、デザインや機能でしか、他社との差別化を図ることができませんので、デジタルカタログが普及すればするほど、
お客様に選ばれるカタログになるための戦略が、難しくなってくることでしょう。


▲ デジタルカタログ デメリット TOP

デジタルカタログ 料金 制作代行 メリット デメリット 作り方 IPAD FLASH マーケティング 産業

Copyright (C) 2012 デジタルカタログ All Rights Reserved.